ハイブリッドIT 【1章】3か条

bar_long.gif

ITコーディネータ 神﨑 勝利

 ハイブリッドITの基本構成要素を定義する必要があると考える。企業が戦略的にITを導入し、活用することを前提として、そのためのフレームワークは、ITコーディネータのプロセスガイドラインを基本軸として利用することにする。先ずは、この共通語としての枠組みを認識した上で進めたほうが、より理解を深めて頂けると考える。

 プロセス全体としては、全体を紐通す共通部分の3つのフェーズと、段階的に進めていくための、5つのフェーズから構成される。

 5つのフェーズは、以下の様に変遷することを理想としている。

 1.経営戦略フェーズ

 2.IT戦略策定フェーズ

 3.IT資源調達フェーズ

 4.IT導入フェーズ

 5.ITサービス活用フェーズ

 ここで断っておきたいのは、最初の『経営戦略フェーズ』は、ハイブリッドITの定義からは除外させてもらう点である。このフェーズは、お気付きのように、「IT」という単語が最初に付いていない。つまり、ITとの関連がないこともあり得る、と認識しているし、そうあって良いと思っている。しかしながら、今日、ITを全く用いない企業があるとも思えないし、課題認識は、経営戦略フェーズで行って良いことだと思う。しかしながら、計画を前提とした戦略立案は、IT戦略策定として、別に行うように進めたい。詳しくは後述することにするが、実は、この時点で既に『ハイブリッド』である有効性が発揮されるはずである。

 いずれにしても、経営戦略フェーズは、特別扱いさせてほしい、ということである。また、もう一つ認識が必要なことは、最後のITサービス活用フェーズの位置付けであろう。戦略策定→資源調達→導入までは、ITシステムの構築や再構築を完成させるまでの一連の流れである。サービス活用も導入の後続フェーズであることに変わりは、ないが、ITを利用している企業は、常に『ITサービス活用』フェーズであるとも言える。

 ジョニー・ジャガー・ジャパンでも、大きな経営課題に対する提案としての経営戦略フェーズだけでなく、ITサービスが目的や期待どおりに活用されているか、ということを先ず確認することも必要だと位置付けている。問題は、「期待通り」の期待値が定義されていないことが多いことにある。SLAの締結が声高に叫ばれて久しいが、これがクライアントとベンダー間で心地良く行われ、モニタリングが意味ある状態で継続されている例を筆者も余り見受けないのが現状である。

 「活用」は非常に重要な意味を持ち、日本の企業もITILを用いたシステム運用の質向上に取り組んでいることが多いが、活用をより良くするためには、遡って、導入、資源調達、そして戦略立案が重要であることに気付くはずである。「最初が肝心」であり、コストの掛かる投資を行う前に、人間は考えたり、議論したりできることを忘れては、いけない。進み過ぎていなければ、少し立ち返って考え直せばいいのだ。プロジェクト期間が短くなければ、環境変化もあり得るだろう。しかし、導入フェーズになれば、これを止めることも投資対効果に悪影響を及ぼす可能性を高めてしまう。

 ついでに触れておけば、ITILは、V3登場で、よりビジネスに視点が近付き、ITコーディネータのフェーズ定義とも近付いているように思う。しかし、あくまでも類似であり、つまり同じではないので、違いについて柔軟に見る余裕も必要であろう。

 さて、ハイブリッドITに話を戻そう。これは、コンサルティングとエンジニアリングの二つの力によって成立する事であると定義したが、何を各々に期待するか解いてみたい。


1-1.IT戦略コンサルティング

ITにおけるコンサルティングの使命は、経営からITへの具現化における「想い」の担保であろうか。経営理念が、そこにあれば、重要な経営における質の確保になろう。

ジョニー・ジャガー・ジャパンでは、ITコンサルティングではなく、敢えて、IT『戦略』コンサルティングとしている。クライアントがどのような企業ステージであれ、どのようなフェーズにおけるコンサルティングの依頼であれ、また、どんなに小規模のご依頼であれ、戦略を強く意識することを意図している。これが、クライアントが実りを得るための、ITサービスの真の活用になると考えるからだ。種を撒くのだから、収穫を楽しみにするであろう。刈り取らなくても、ポケットが実で一杯になっているのが理想だろう。

ハイブリッドITを牽引するには、IT戦略の立案と、これを常に意識して仕事が行えるスキルの保有は、一つの条件となるだろう。


1-2.IT構築エンジニアリング

 もう一つの原動力は、エンジニアリングであると定義した。エンジニアリングとは、何であろうか。少なくとも、学問をする人ではなく、基礎技術や知識を実社会において応用できる知恵者であって欲しい。ITが普及した今日、エンジニアは巷に溢れている状態であり、その仕事も幅広く、質も異なり、一言で言い表すことは難しいのかも知れない。しかしながら、今社会が求めるソフトウェア・エンジニアは、分析・設計だけでなく、技能者としての実装まで行い、具現化してみせることができる人なのかも知れない。その方が、コンサルタントとの違いもより明確化され、その存在は、更に鮮明になっていく。

 戦略立案時にも彼らに期待するところは大きい。経験やノウハウから得られるアイディアや、手掛けてみたかった希望から産み出される希望は、新たな提案アイテムになり得ることもある。また、立案アイディアの具現化におけるレビューやリスクの指摘も役立つに違いない。

 

1-3.マネジメント

 多くの失敗体験から重要視されているのは、IT導入における開発プロジェクトのマネジメントであろう。何故重要視されるかは、明白である。計画どおりのデリバリーを達成し得なかったり、開発ベンダーの収益性を悪化させ、二度と同じ経験をしたくないと思うか、クライアントに計画以上の損失を負わせ、投資過多の認識を強く持たせるからである。数字は、多くを語る。この分野に経営感覚とIT実装のスピード感を取り入れたハイブリッドなマネジメントを適用していきたい。

 今後更に考えを及ばせるとすれば、経営改革プロジェクトとしての達成マネジメントと、プロジェクト完了以降のモニタリングの分野である。前述したように、活用は重要であるが、一日で解るものでもない。

bar_long.gif
   ハイブリッドIT