代表挨拶

上流工程やコンサルティングというところにスポットしたい、ということは、
我々がITを意識して関わり出した頃からの想いです。

発足にあたり、それを私は具現化することを考えてきました。

マーケットを見ました。
IT業界は今どのように成り立っていて、今までどのように越してきたのか。
それは、日本では、海外では、どうなのか。
これから、どんな潮流が考えられるのか。

営業的現場も見ました。パートナーとの話の中で、何が上手く行っているのか、何が足りないのか。

そのような中で、上流、ことコンサルティングファームを目指す意味が、IT業界にとって、とても重要であることを実感していきました。また、ITは経済のインフラ=日本のインフラであることも痛感していきました。

「ITの将来を考えることは、日本の未来を考えること。地球の明日を想うことは、人と動物、自然のあるべき姿を想うこと。」


代表取締役社長/CEO
神﨑浩二