ルールの理論

  代表的なルールの考え方として、グラフ理論』があります。

 Solution_rule_graph_mini.png

 

 

 例えば電車の乗換案内図を考える際には、駅(ノード)がどのように路線(エッジ)で結ばれているかが問題であって、線路が具体的にどのような曲線を描いているかは本質的な問題でないことが多い。

 たとえば、乗換案内図では駅間の距離や微妙な配置、路線の形状などがしばしば地理上の実際とは異なって描かれている。(実際には凹になっている箇所のある山手線が楕円を描いているなど)電車で移動する人を対象とした乗換案内においては、駅と駅の「つながり方」が主に重要なのである。

 このように、「つながり方」に着目して抽象化された「点とそれをむすぶ線」の概念がグラフであり、グラフが持つ様々な性質を探求するのがグラフ理論である。

 

 

 BRMSは、このようなルール(業務ルール)をアプリケーションから切り離して管理することによって、 ユーザーによる編集を可能としており、ビジネス上の規則変更や価格改定に機敏に対応できます。

 

 >ルールエンジン概要